葬儀の形態と費用

葬儀の形態と費用記事一覧

一般葬の費用

お葬式はさまざまな要素によってかかる費用が異なってきます。地域、宗教、規模などがその要因ですが、他にも葬儀の形態なども重要な要素となります。昔はお葬式というと地域色は濃く反映されていたものの、それでも葬儀形態にいくつも種類があったわけではありませんでした。最近では考え方の多様性や宗教、経済的見地、葬...

≫続きを読む

社葬・合同葬の費用

社葬・合同葬というのは企業などの法人の代表取締役や経営陣などが亡くなった際に、法人が喪主となって行う葬儀のことです。社葬を行う際には取引先への告知などにある程度の時間を必要とするため、通常故人が亡くなってから早くとも1週間後の葬儀となります。そのため先に親族のみで密葬などを行う場合があります。また亡...

≫続きを読む

家族葬の費用

家族葬と呼ばれる葬儀の形態は、近年になって葬儀社が考案したものです。家族葬の意味するところは、故人が特に親交の広い方ではなかったような場合に、わざわざ遠方からの参列者などをご招待して大規模な葬儀を行うよりはもっと自然に家族や親族などだけで親密に葬儀を執り行う方がよいというものです。また故人自身が家族...

≫続きを読む

1日葬の費用

1日葬という葬儀のスタイルも最近になって生まれたものです。通常の葬儀では通夜、告別式と2日間に渡って行われていたものが、通夜を除くことにより1日で葬儀から収骨までが完了します。喪主を含める家族が多忙を極めている場合や、2日に渡る葬儀では心身に負担が多い高齢の参列者が多いような時にはよく選ばれます。1...

≫続きを読む

直葬の費用

直葬(ちょくそう)というのは通夜や告別式などを行わず、一定時間安置した後火葬のみを執り行う葬儀のことです。直葬では通夜や告別式を行わないため会場を使用する費用は不要となります。また火葬のみを執り行うことから火葬式と呼ばれることもあります。さまざまな種類の葬儀形態がある中であえて直葬を選択する理由とし...

≫続きを読む

生前葬の費用

生前葬は本人が生きているうちに行う葬儀のことです。「だれも亡くなってもいないのに葬儀を執り行うのはおかしい」と感じる人も多いようです。ではなぜ生前葬を行うのでしょうか。文化や文明が進化し医療の面でもさまざまな高度な治療が行われるようになった現代は、本来は長寿社会として喜ぶべきことなのでしょうが、一方...

≫続きを読む