葬儀の流れ

葬儀の流れ記事一覧

一般的な葬儀の流れ

一般的な葬儀の流れはどのようになっているのでしょうか。ここでは時系列に必要となることや申請関連、行事などをあげていきます。なお宗教や宗派の違いによって大きく順序が異なる場合がありますので、ここでは仏教徒の方が、ご病気で亡くなって仏式の葬儀が執り行われる場合の流れを見てみます。まず病院や自宅などで危篤...

≫続きを読む

納棺の手順

故人の遺体の搬送が無事終わったら、家族や親族との話し合いの時間を持つことが重要です。葬儀の流れとしてはその後、いよいよ納棺となります。納棺は親族が集まりやすいお通夜の前に行われるのが最も一般的です。最近では葬儀の専門業者のスタッフがすべて執り行ってくれることが多いのですが、やはり家族であれば納棺の手...

≫続きを読む

通夜の手順

通夜の当日は遺族は1時間から1時間半前には式場に入ります。弔問客が来る前に供花や供物を確認し特に供花を並べる順番を決める時には失礼のないように気を配ります。祭壇に近い方また上の方ほど上位の人の供花が来るようにします。弔問の受付は通夜開始の30分前から行います。受付が始まったら香典を受け取り、必ず記帳...

≫続きを読む

葬儀・告別式の手順

故人の家族や遺族は葬儀、告別式の始まる1時間から1時間半前には式場に到着するようにします。本来葬儀と告別式は別のものなのですが、最近ではこれらをスムーズに合わせて行われることがほとんどです。早めに式場に到着した家族は葬儀社のスタッフと打ち合わせをするとともに供花や供物の確認などを行います。またその際...

≫続きを読む

出棺・火葬の手順

出棺というのは葬儀を終えた棺を葬儀場から火葬場まで送る作業のことです。出棺の移動には霊柩車が使用されます。出発する前に遺族は会葬者の方々に向かう形で横に並び喪主か遺族の代表の者が感謝の挨拶をします。その後位牌は喪主が持ち、遺影は遺族が持って車に乗車し火葬場へと向かいます。火葬場に向かうのは遺族、親族...

≫続きを読む

還骨法要・初七日法要の手順

還骨法要というのは、火葬後自宅に戻ってきた遺骨を後飾り祭壇と呼ばれる祭壇に位牌、遺影などとともに安置し、僧侶に読経してもらうことです。還骨法要は他にも宗派によって「還骨勤行」や「安位諷経」などと呼ばれることがあります。いずれにしても遺骨となって帰ってきた故人の成仏を祈る点では変わりはありません。還骨...

≫続きを読む

精進落としの手順

精進落としというのは、火葬、還骨法要を経て遺骨が自宅に戻ってきた際に、僧侶を交え主に喪主の苦労をねぎらう目的で行われる会食のことです。昔は不幸があった場合、死後四十九日は忌中とし家族は肉や魚などを食することが禁じられていました。四十九日の期間は精進料理を食べ、四十九日の法要の後はじめて肉や魚などを口...

≫続きを読む

四十九日法要の手順

故人が亡くなった後の法要の中でも特に重要とされてるのが四十九日です。四十九日を迎えるまでは初七日、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)というように7日ごとに遺族はお祈りをします。とは言っても僧侶を迎えるほどではなく、家族や親族のみで行われることがほとんどです。四十九日は閻魔大王の審判が下る日です...

≫続きを読む