一般的な葬儀費用の仕組みと内訳

葬儀の費用

厳かに執り行われたお葬式の後になって起こるお金をめぐってのもめごと。

 

あってはならないことで、故人の霊にも申し訳なく、罰当たりな気分になるのもわかります。

 

しかしお葬式についてまわるのが葬儀費用のトラブルです。

 

結婚式などとは異なり、お葬式はある日突然必要になるため前もって計画をたてたり、細かな見積もりを業者に依頼することが困難です、そのため冠婚葬祭の中でも最も費用をめぐってのトラブルが起きやすいのです。

 

皆さんはお葬式と聞いてどのくらいの葬儀費用が必要となるか目安が付きますか。

地域や宗教などによっても費用に違いが

葬儀の費用

実はお葬式ほど地域性や宗教、供物や手間のかけ方によって費用にバラつきが見られるものはないと言ってもよいほど、その費用はまちまちです。

 

その他人件費ひとつとっても地域と都市部とではおのずと異なります。

 

しかし中にはご両親がご高齢でいつ自分が喪主になるか知れないというような年代の方も大勢いらっしゃることでしょう。ここでは一般的な葬儀費用の仕組みと内訳についてくわしく見てみましょう。

 

一般的な葬儀費用の内訳はおおまかに次のように分けることができます。

  1. 葬儀施行費用
  2. 飲食接待費用
  3. 火葬場・斎場使用料
  4. お布施・心付け

の4つです。

 

これらのうち最初の葬儀施行費用を除く費用については、同じ地域で同じ程度の規模のお葬式であればどの葬儀社を通してもほぼ同じ金額となります。

 

またお布施・心付け以外の費用は業者にまとめて支払われることがほとんどで、基本的にはこれが葬儀費用の総額となります。となると問題となるのは葬儀施行費用です。

 

葬儀施行費用は「セット型」と「組み合わせ型」に分けらる

葬儀施行費用の見積もり方法は業者によって異なりますが、大きく「セット型」と「組み合わせ型」に分けられます。

 

セット型では葬儀の施行にかかわる費用をすべて合算して提示します。

 

また組み合わせ型では見積もり内容を「棺・祭壇」、「遺影写真・備品」、「プロデュース料・人件費」など個別に分けてその合計額を示します。

 

細かな内容がわからないという点ではセット型の請求方法はなんとなく胡散臭いイメージを抱く人もいるかもしれません。

 

最近はネットで見積もりも出来る

葬儀の費用をネットで見積もる

しかしたいていの場合、喪主は突然のできごとでおおわらわで、細かな費用に説明などをいちいち説明しても余計に混乱させるだけに終わってしまうことが多いのです。

 

また葬儀費用に関しては最近ではネット上の自社のホームページから、必要項目を記入したフォームなどを送付することでごく短い時間のうちに見積もりを出してくれる業者もいます。

 

この場合には内訳別に見積もりを提示してくれる業者もありますから、積極的に利用して自分の地域の相場をつかむというのがよいでしょう。

自然葬とは近年の人気は樹木葬自然葬とは遺骨を自然と近い形で埋葬する形のことを言います。人間は最終的に土に返るのなら、無理して豪華なお墓を用意することなく遺骨を自然に返そう、という意識もあります。そこでこの形式の埋葬方法が注目を集めるようになっています。よく散骨と似た意味合いで使われることもあり、骨を...

散骨とは火葬した骨を自然に返す散骨とは文字通り「骨を撒き散らす」埋葬方法です。撒き散らすという表現はよくないかも知れませんが、火葬した遺骨を細かく粉末状にしたうえで撒く形となります。従来の埋葬方法のように墓地に納骨する形ではなく、骨を自然と一体化させる点が最大の特徴です。人間は自然から生まれたので最...

運営者情報と免責事項について【運営者】株式会社ゴッシュ981-3133宮城県仙台市泉区泉中央1-7-1 地下鉄泉中央駅ビル5Ftel:022-725-2275ホームページについてのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。お問い合わせは…私達編集部へのお問い合わせはメールフォームからお願...

葬儀社の葬儀一式(基本プランやセット料金)の注意点葬儀の注意点として、葬儀社に支払う費用、特に「葬儀一式」などという基本プランやセット料金にどのようなものが含まれているのか具体的に知っておくことが重要です。葬儀にかかる費用は大きく3つに分けられます。・葬儀費用・寺院関連費用・飲食接待費用葬儀一式の内...

一般的な葬儀の流れとは一般的な葬儀の流れはどのようになっているのでしょうか。ここでは時系列に必要となることや申請関連、行事などをあげていきます。なお宗教や宗派の違いによって大きく順序が異なる場合がありますので、ここでは仏教徒の方が、ご病気で亡くなって仏式の葬儀が執り行われる場合の流れを見てみます。一...

市民葬の費用とはどれ位なのでしょうか?故人を失い嘆きや悲しみなどが錯綜する中にも、葬儀の費用のことは頭の隅から取り除くことはできません。市民葬の費用は住んでいる所による特に日本では「葬儀をケチってはいけない」などといった暗黙のルールに縛られ、生活もままならないほど困窮した生活を送っているような人が、...

仏式葬の費用とはどれ位なのでしょうか?一般的な常識として、日本で主に執り行われている仏式葬にかかる費用は世界で最も高額だといわれます。それも断トツで、です。仏式葬はおよそ200万〜300万円日本で行われている葬儀はひじょうに種類が豊富で、宗教的区別などを除けば基本的にどの葬儀でも選ぶことができます。...

一般葬の費用とはどれ位なのでしょうか?お葬式はさまざまな要素によってかかる費用が異なってきます。地域、宗教、規模などがその要因ですが、他にも葬儀の形態なども重要な要素となります。300名以下であれば一般葬昔はお葬式というと地域色は濃く反映されていたものの、それでも葬儀形態にいくつも種類があったわけで...