葬儀の流れはどのように行われるのでしょうか?

一般的な葬儀の流れとは

一般的な葬儀の流れはどのようになっているのでしょうか。ここでは時系列に必要となることや申請関連、行事などをあげていきます。

 

なお宗教や宗派の違いによって大きく順序が異なる場合がありますので、ここでは仏教徒の方が、ご病気で亡くなって仏式の葬儀が執り行われる場合の流れを見てみます。

一般的な葬儀は親戚で取り決める

一般的な葬儀の流れ

まず病院や自宅などで危篤状態になったことを医師から告げられた際には、家族や近親者などに電話などで至急に連絡をとります。

 

緊急を要することなので深夜や早朝でもかまいません。次に臨終となった際には末期の水をとり、医師から死亡診断書を受け取ります

 

遺体は一時的に病院の霊安室に移されることが多いのですが、遺族には速やかに遺体を引き取ることが求められます。

 

遺体を引き取ると同時に安置所へ搬送します。自宅や葬儀社など搬送先はさまざまです。死亡届を出すためには医師による死亡診断書が必要となります。死亡届の提出先は市役所などの戸籍課です。

 

親族が集まって葬儀について打ち合わせを行います。喪主は基本的には長男がなりますが、個人と縁が深い人がなることもあります。

 

この時決めるべきことは、お通夜、葬儀の形態や費用、日時、場所などです。また菩提寺がある人はただちに連絡をとる必要があります。親族や縁の深かった人などを中心に死亡と葬儀を連絡します。

通夜と告別式を一続きに行うことが多い

一般的な葬儀の流れ

お通夜の前には家族で遺体を棺に納めます。

 

お通夜と告別式については、お通夜は午後6時くらいに始められることが多く、時間も2時間程度なっていることが多いようです。

 

お通夜には僧侶による読経が行われ、その後通夜振る舞いと呼ばれる食事が行われます。最近では通夜と告別式を一続きに行うことが多い傾向にあります。

 

告別式でも僧侶による読経が行われ、遺族などによる焼香が行われます。

 

出棺した棺は火葬場へと移送され、納めの式の後火葬が行われます。火葬の後は二人が一対となって骨あげが行われます。この際のお骨は骨壺に納められます。

 

埋葬許可証を取得した後埋葬が行われます。遺骨は喪主が自宅へと持ち帰ります。葬儀の後は四十九日の忌明けまで遺骨、位牌、遺影などを自宅の祭壇に安置します。

 

この後初七日などが行われますが、最近では初七日も遺骨法要の際に同時に行うことが多くなっています。初七日の後は精進落としの会食が設けられ、この精進落としで一連の葬儀が終了します。

一般的な葬儀の流れのまとめ

  • 仏教徒の方が病院で亡くなった場合を以下に提示している
  • 患者が危篤になった場合は時間を問わず、家族や親族に連絡が来る
  • ご臨終になると末期の水を取り、死亡診断書を受け取ったのち、遺体を安置所に移す
  • 遺族や親族が集まり、葬儀の形態や費用・日時や場所などを話し合い、菩提寺がある場合はそこへも連絡を入れる
  • お通夜は午後6時くらいから始まり、所要時間は約2時間ほど。僧侶による読経が行われる
  • 告別式でも読経が行われ、焼香も終わった後、棺を火葬場に移し火葬を行う
  • 火葬後は2人1組で骨上げを行い、そのお骨を骨壺に納める
  • 埋葬許可証を取得した後に埋葬が行えるので、遺骨は基本的に一度自宅に持ち帰られる
  • 葬儀後、四十九日の忌明けまで遺骨や位牌などは自宅に安置する

納棺の手順とは

故人の遺体の搬送が無事終わったら、家族や親族との話し合いの時間を持つことが重要です。葬儀の流れとしてはその後、いよいよ納棺となります。

納棺はお通夜前が一般的

納棺の手順

納棺は親族が集まりやすいお通夜の前に行われるのが最も一般的です。

 

最近では葬儀の専門業者のスタッフがすべて執り行ってくれることが多いのですが、やはり家族であれば納棺の手伝いをすることをおすすめします。

 

納棺の手伝いをすることで故人を失った悲しみを乗り越える気分の転換が図れることがあるからです。

 

納棺ではまず遺体の身支度をします。この際の身支度は宗旨や宗派によっても細かな決まりがありますが、基本的には仏式であれば経帷子(きょうかたびら)、神式であれば白い小袖を使用します。

遺体と故人が好きだったものを納める

納棺の手順

装束を着せ付ける際には必ず左前に合わせ、上帯を締めます。その後手甲(てっこう)、脚絆(きゃはん)と着せ、足袋を履かせます。

 

また首には六文銭を入れた頭陀袋(ずだぶくろ)をかけます。頭には白い三角巾を付けますが、最近では省略することが多いようです。

 

身支度が終えたら家族が揃って仰向けに棺に遺体を納めます。また旅支度の品として杖、網傘、草鞋(わらじ)もいっしょに納めます。

 

この後副葬品を納めますが、これは家族が選んで特に故人が好きだったものや愛用していたものを納めます。この時燃えにくいものや爆発する恐れのあるものは納めることはできません。

 

副葬品はあまり多くあると不完全燃焼の元となりますので最小限度にしましょう。この後棺の蓋を閉めます。

納棺の手順のまとめ

  • 遺体の搬送と、葬儀等についての話し合いが終わった後、お通夜の前に行われるのが一般的
  • 基本的に葬儀業者のスタッフが行うが、遺族も手伝う事で悲しみを乗り越えるための気持ちの切り替えに繋がることがある
  • 仏教式の場合は経帷子、神式の場合は白い小袖を左前で着用させ、上帯を締め,手甲や脚絆・足袋などで手足を包む
  • 六文銭を入れた頭陀袋を首にかけ、旅支度用の杖やわらじ、個人が好きだった物や愛用品も一緒に納める

通夜の手順とは

通夜の当日は遺族は1時間から1時間半前には式場に入ります。

 

弔問客が来る前に供花や供物を確認し特に供花を並べる順番を決める時には失礼のないように気を配ります。

 

祭壇に近い方また上の方ほど上位の人の供花が来るようにします。

30分程度読経のあと焼香

通夜の手順

弔問の受付は通夜開始の30分前から行います。

 

受付が始まったら香典を受け取り、必ず記帳をお願いします。

 

僧侶が到着したら控えの間に案内し、茶菓子で接待します。読経が始まる前に僧侶と喪主は挨拶および打ち合わせをします。

 

時間が来たら僧侶が入席し、祭壇前に座り読経を始めます。読経は30分程度続くことが多く、読経の後に説教法話をする僧侶もいます

 

読経の後は焼香になりますが最初は僧侶が行い、喪主、遺族、親近者、友人、知人、一般弔問者の順に焼香をします。

 

読経が長い時には読経の途中から焼香を始めることもあります。読経が終わると僧侶が退場します。

通夜ぶるまいは1時間半程度

通夜の手順

この時喪主は挨拶と明日に行われる葬儀について打ち合わせを行い、通夜ぶるまいの席に案内します。また弔問客が帰る際には遺族は席を立たず黙礼します。

 

読経の後に喪主が弔問客に対して挨拶をすることがあります。これは集まってくれた親族などに謝意を表明するためです。

 

この後通夜ぶるまいと呼ばれる会食となります。通夜ぶるまいに僧侶が参加する場合には上座に案内します。また遺族や親族は末席に座ります。

 

通夜ぶるまいの時間としては1時間から1時間半程度です。時間が来たら喪主はお開きの挨拶をします。

 

遺族が帰る際にも見送りはしません。通夜に僧侶が出席できない時にはお布施とは別にお膳料と御車代を渡します。

通夜の手順のまとめ

  • 当日遺族は1時間〜1時間半前に会場入りし、供花や供物を確認、供花は上位の人ほど祭壇の上や近い方に設置する
  • 受け付けは開始30分前から行い、その際に記帳のお願い・香典の受け取りを行う
  • 僧侶が到着したら控えの間に案内し、喪主や親族は挨拶をする
  • 時間になったら僧侶が入席、読経は通常30分程度
  • 読経後に、僧侶・喪主・親族・友人や知人・一般弔客の順に焼香を行う
  • 読経・焼香の後に僧侶が退席するので、喪主は葬儀についての打ち合わせを行い、通夜振る舞いを行う際は上座に案内する
  • 通夜振る舞いは1時間〜1時間半程度で、終了時には喪主がお開きのあいさつをする

葬儀・告別式の手順とは

故人の家族や遺族は葬儀、告別式の始まる1時間から1時間半前には式場に到着するようにします。

 

本来葬儀と告別式は別のものなのですが、最近ではこれらをスムーズに合わせて行われることがほとんどです。

 

早めに式場に到着した家族は葬儀社のスタッフと打ち合わせをするとともに供花や供物の確認などを行います。

 

またその際席の確認も済ませます。席は遺族席、来賓席、一般席に分けられます

読経の後に法話をお話しする僧侶も

葬儀・告別式の手順

葬儀の30分ほど前になると僧侶が到着します。最近では僧侶との打ち合わせなどは葬儀社が行うことが多いようです。

 

弔電や弔辞、また火葬場への同行者などの確認もこの時行います。

 

葬儀の10分前になると遺族や貴賓席から座ります。その後参列者が着席します。葬儀は僧侶のお迎えとともに始まります。

 

数珠を持っている人は手に持ちます。読経は30ほどで終わります。読経の後に法話などをお話しする僧侶もいます。故人と親しかった方から弔辞をいただきます。

 

その後司会者が弔電の紹介をし、焼香へと続きます。

式によっては葬儀中に喪主が挨拶

葬儀・告別式の手順

焼香が終わると僧侶が退場し葬儀は完了します。数珠はしまいます。

 

この後故人とごく親しかった人たちによってお別れの儀が行われ、花や副葬品などを棺に納めます。

 

喪主による挨拶がありますが、式によっては葬儀中に挨拶することもあります。葬儀、告別式が終了し、火葬場へと出発します。

 

こうした葬儀や告別式は一般的なもので、宗派や地域によってさまざまな決まり事があることがあります。

 

あまりご近所とは付き合いがなかったような人でも葬儀屋告別式に関してはそうした決まり事を守るようにしましょう。こうしたことは古くから地元にある葬儀社に聞けば詳しく説明してくれます。

葬儀や告別式の手順のまとめ

  • 遺族や親族は開始1時間〜1時間半前には会場入りし、スタッフとの打ち合わせや座席の確認を行う
  • 最近は通夜の後に告別式も併せて行われることが増えてきている
  • 葬儀の30分ほど前に僧侶が到着し打ち合わせを行うが、最近は葬儀社のスタッフが行うことが多い
  • 葬儀10分前から遺族や親族・黄賓客が着席し、その後に参列者が着席する
  • 30分ほどの読経の後に弔辞が紹介され、焼香に移る。焼香が終わると僧侶は退席する
  • 宗派や地域によって決まりごとがあるので、地域とあまり関わりが無かった場合も守るようにする

出棺・火葬の手順とは

出棺というのは葬儀を終えた棺を葬儀場から火葬場まで送る作業のことです。

 

出棺の移動には霊柩車が使用されます。出発する前に遺族は会葬者の方々に向かう形で横に並び喪主か遺族の代表の者が感謝の挨拶をします。

 

その後位牌は喪主が持ち、遺影は遺族が持って車に乗車し火葬場へと向かいます。

 

火葬場に向かうのは遺族、親族の他特に故人と親しかった人などとなります。この出棺の際に利用したタクシーなどには降りる際に心づけを渡します。心づけは故人に対する供養の一部です。

火葬では火葬許可書が重要

出棺・火葬の手順

火葬場について最も重要となるものは火葬許可証です。火葬許可証は火葬場の管理事務所で提出します。

 

今では火葬許可証の手配に関しても葬儀社が代わって用意してくれることが多くなっています。この後行われるのは納めの式と呼ばれる儀式です。

 

納めの儀式の内容は霊柩車から出した棺をかまどの前に安置した際に最後のお別れをすることです。

 

納めの式では火葬炉の前に焼香台が設けられているので、そこに位牌と遺影を飾り、今一度棺の窓を開けて最後のお別れをします。

 

納めの式には僧侶が呼ばれることも多く、その場合には最初に読経があり読経中に喪主を始めとして全員が焼香をするとともに別れを告げます。

 

この後は棺を火葬炉に納め、かまどに点火されます。棺をかまどに納める時には合掌します。

火葬は1時間程度

出棺・火葬の手順

火葬は1時間程度で完了します。

 

待っている間は控え室で菓子や酒などで参加者をもてなします。僧侶がいる際には必ず僧侶を上座に座ってもらいます。

 

火葬が終わると知らせが入るので控え室を出て骨あげを行います。骨あげはこの世からあの世へと橋渡しをするという意味合いで行われるものです。

 

やり方としては竹の箸を用い故人と縁の深い人から順に回し渡すか、あるいは二人一組となって骨片を挟む方法が行われます。

 

骨あげは足から順に上方に移り、最後に故人と縁の最も深かった人が喉仏を拾います。骨あげが終わると骨壺を白木の箱に収納し、白い布で包み喪主に手渡されます。

 

また分骨や散骨を希望する際には事前に葬儀社にお願いしておきます。

出棺の手順のまとめ

  • 出棺とは葬儀後の棺を火葬場に搬送することで、出発前には遺族が横並びになり会葬者に挨拶をする
  • 移動車では喪主が位牌、遺族が遺影を持ち、タクシーを利用した場合は心づけを渡す
  • 火葬場の管理事務所で火葬許可証を提出するが、葬儀社のスタッフが手続きを済ませてくれることが多い
  • 棺はかまどの前に安置され、最後のお別れである納の儀式を行う

火葬の手順のまとめ

  • 納めの式でも読経や焼香を行い、それが終わると火葬炉に棺が納められ点火される
  • 火葬は1時間程度かかり、その間控室で参加者をもてなす。その際に僧侶は上座に案内する
  • 火葬後はこの世からあの世への橋渡しをする意味で骨上げを行う
  • 故人の縁と深い人から竹箸を回し、足から順に上の方に移り、最も縁の深かった人が喉仏を拾う

 

還骨法要・初七日法要の手順とは

還骨法要というのは、火葬後自宅に戻ってきた遺骨を後飾り祭壇と呼ばれる祭壇に位牌、遺影などとともに安置し、僧侶に読経してもらうことです。

 

還骨法要は他にも宗派によって「還骨勤行」や「安位諷経」などと呼ばれることがあります。

 

いずれにしても遺骨となって帰ってきた故人の成仏を祈る点では変わりはありません。

還骨法要は自宅に祭壇を設ける

還骨法要・初七日法要の手順

還骨法要の際に用いられる後飾り祭壇というのは、自宅の中に高さの異なる台を用意し、白い布をかけて2段もしくは3段の祭壇を設け、遺骨や位牌、遺影などを安置することです。

 

仏式では忌明けとなる四十九日までは仏壇に位牌を納めてはいけないことになっています。そのため後飾り祭壇でしばらく安置することになるのです。

 

自宅で還骨法要を行う際には、火葬場には行かなかった者が後飾り祭壇を作りますが、最近では葬儀業者が作ることが増えています。

 

また還骨法要そのものをホテルやレストラン、斎場などで、葬儀後の会食の前に行うことも一般的となりつつあります。

 

この場合、火葬場からホテルやレストランなどに戻ってきた際に塩と水とでお清めをし、喪主は葬儀業者に遺骨、位牌、遺影を渡します。その後法要が始まる時刻になったら集まり、数珠を持って祈ります。

亡くなった7日後に行われる法要

還骨法要・初七日法要の手順

初七日法要は、東日本では故人が亡くなった日から7日後、また関西では亡くなった前日から7日後に行われる最初のひじょうに重要な法要です。

 

初七日法要というのは故人が三途の川のほとりにたどり着く日だとされています。

 

三途の川では生前の行いによって裁きがあり、激流、急流、暖流のいずれかに振り分けられます。

 

また川を渡る方法も橋、船、泳ぎという3つの方法があるとされています。六文銭はその際に船頭に渡す船賃なのです。

 

しかし三途の川はひじょうに大きな川なので、たとえ六文銭を払っても無事に行き着けるかどうかはわかりません。そのため初七日法要で故人が無事に三途の川を渡れるようにと供養をするのです。

遺骨法要のまとめ

  • 遺骨法要とは火葬後に自宅に戻って来た遺骨を、後祭り祭壇と呼ばれる場所に忌明けの四十九日まで安置する事
  • 後祭り祭壇は高さの違う2・3段の祭壇に、遺骨や位牌・遺影を安置する
  • 遺骨法要やホテルやレストランなどの会食場所で行われることも一般的になり、自宅に戻って来た時に塩や水でお清めをする

初七日とは

  • 東日本では亡くなった当日、西日本では前日から7日後に行われる法要の事
  • 生前の行いによって三途の川を渡るコースや手段は3つずつに分かれるとされている
  • 六文銭は船頭に渡す船賃だが、無事に渡れる保証が無いので、初七日法要で三途の川を渡れるように供養する

 

精進落としの手順とは

精進落としというのは、火葬、還骨法要を経て遺骨が自宅に戻ってきた際に、僧侶を交え主に喪主の苦労をねぎらう目的で行われる会食のことです。

 

昔は不幸があった場合、死後四十九日は忌中とし家族は肉や魚などを食することが禁じられていました。

 

四十九日の期間は精進料理を食べ、四十九日の法要の後はじめて肉や魚などを口にすることができたのです。

喪主や遺族がおもてなしをする会食

精進落としの手順

しかし現代では仕事や住居が遠方にあるなどの理由で、家族や親族が何度も一堂に会することはひじょうに難しくなっています。

 

そこで故人の火葬が済み還骨法要が終わった時点で葬儀の締めくくりとして会食をするように次第に変化してきました。

 

精進落としでは基本的には僧侶を上座に迎えて、友人、近親者と続き最後に喪主や遺族がおもてなしをする役割として末席に着きます

 

精進落としは自宅で行われることは少なくなっており、式場やホテル、レストランなどで主に行われています。

レストランの料理を利用することが多い

精進落としの手順

また食事の内容は肉や魚なども振舞われ酒も飲み交わします。

 

精進落としの最中、喪主は各客人の関を回りお礼を述べます。

 

精進落としでは僧侶を迎えて法話などを聞かせていだくのが基本ですが、スケジュールが合わず同席できない時には御車代と御前料をお布施として渡します。

 

精進落としでは喪主などの親族の労をねぎらう意味合いもあるため、最近では仕出し屋やレストランなどの料理を利用することがほとんどとなっています。

 

一方で喪主は親族が一堂に会している機会を利用して今後の法事や香典返し、納骨の日時や場所、人数の範囲などを打ち合わせます。精進落としの時間としては1時間半から2時間程度となっています。

精進落としとは

  • 精進落としとは火葬等を終えて自宅に遺骨が戻ってきた際に、僧侶や喪主をねぎらうために行われる会食の事
  • 僧侶を髪だに迎え、友人や近親者、おもてなしする側の遺族や親族の順に席に着く
  • 近年は自宅ではなく、式場やレストランで行われることが一般的になり、喪主は参加者の席を周りお礼の挨拶をする
  • 精進落としの際も、僧侶から法話などを頂く事が多いが、同席が難しい場合はお布施を渡す
  • 親族が一斉に集まっている機会なので、今後の法事や納骨の日時や場所、香典返しについて打ち合わせをする

四十九日法要の手順とは

故人が亡くなった後の法要の中でも特に重要とされてるのが四十九日です。

 

四十九日を迎えるまでは初七日、二七日(ふたなのか)、三七日(みなのか)というように7日ごとに遺族はお祈りをします。とは言っても僧侶を迎えるほどではなく、家族や親族のみで行われることがほとんどです。

四十九日は盛大に行われる法要

四十九日法要の手順

四十九日は閻魔大王の審判が下る日です。

 

これによって来世が決まるために、それまで親族はことあるごとに個人が死後も豊かに日々を送れるように祈ります。

 

四十九日は盛大に行われる法要で、親族以外の知人や友人なども霊前に訪れます。喪主をはじめとする親族縁者は四十九日を持って忌明けとなり、また普通の生活に戻ることができます。

 

四十九日は僧侶を招いて読経をしてもらい、また訪れてくれた客人を酒や料理でもてなします。

四十九日は忌明けの法要と開眼供養

四十九日法要の手順

同時に葬儀の際に香典をいただいた人には香典返しがおくられます。

 

また喪主は四十九日には引き出物を用意しなければなりません。

 

こうしたことも最近では葬儀社がアフターケアの一環として行ってくれることが多いので、何なりと相談してみることをおすすめします。

 

四十九日の重要な行事としては忌明けの法要と開眼供養があります。開眼供養は仏壇開きとも呼ばれます。

 

ただし四十九日が平日にあたる場合には、最近では参加者の便宜を図り前後の週末に変更することが多くなっています。また納骨も四十九日の後に行われるケースが多いようです。

 

四十九日の後の重要な法事としては百ヶ日、一周忌、三回忌などがあります。

四十九日法要の手順

  • 四十九日は閻魔大王の裁きが下り来世が決まるので、故人の死後の日々を祈る儀式の事
  • 僧侶を招いて読経してもらい、参列者には料理などももてなす盛大な法要で、この日をもって遺族や忌明けになる
  • 四十九日法要で香典返しや引き出物を渡すが、最近は葬儀社がアフターケアの一環として行ってくれることも増えている
  • 忌明けと共に開眼供養(仏壇開き)も行われる
  • 近年は参列者のスケジュール上、必ずしも四十九日ではなく前後の週末に行われることが多い