葬儀で注意したい費用とマナー

葬儀社の葬儀一式(基本プランやセット料金)の注意点

葬儀の注意点として、葬儀社に支払う費用、特に「葬儀一式」などという基本プランやセット料金にどのようなものが含まれているのか具体的に知っておくことが重要です。
葬儀にかかる費用は大きく3つに分けられます。

・葬儀費用
・寺院関連費用
・飲食接待費用

葬儀一式の内容は業者によって異なる

葬儀社の葬儀一式(基本プランやセット料金)の注意点

これらを総合した費用は平均で約230万円にもなります。

 

しかし葬儀費用に関しては各地方で形態や内容が大きく異なる場合が多く、こうした平均費用はあまり役に立ちません。

 

特にネットの情報はとても便利ですが、ランキングサイトなどで葬儀一式費用の安い業者を選んだりするのはあまり意味がありません。

 

それというのも「葬儀一式」という場合に何の費用が含まれているかは業者によっても大きく異なっているからです。

 

葬儀社に対して葬儀一式の見積もりを依頼した場合、基本プランやセット料金などの総額として提示されることがあります。

 

しかしこの基本プランやセット料金というのは各業者が勝手に設けたもので、含まれる内容にはバラつきが多いことがよく指摘されます。

 

これは時として大きなトラブルとなることもありますのであらかじめ葬儀費用に関する最低限度の知識は持っているべきでしょう。

寺院、飲食費用は含まれていないことが多い

葬儀社の葬儀一式(基本プランやセット料金)の注意点

葬儀社がいう葬儀一式、基本プラン、セット料金などには基本的に寺院関連費用や飲食接待費用などは含まれていないことが多いのです。

 

ちなみに葬儀にかかった全額が240万円だとした場合、約150万円が葬儀費用で、50万円が寺院関連費用、後の40万円が飲食接待費用となるような比率となっています。

 

葬儀に関する費用の理解をさらにややこしくしているのが、葬儀費用に含まれている具体的な内容の差です。

一般的な葬儀費用として含まれているもの

祭壇、棺、遺影写真、白木位牌、焼香用具、受付用品、看板、胸章、テント、幕、後飾り、供花、枕飾り、枕花、ドライアイス、遺体保管料、湯灌、斎場使用料、音響設備、火葬料、控え室、飲食費、骨壷、寝台車、霊柩車、マイクロバス、ハイヤー、会葬御礼品、会葬礼状、運営管理費、司会進行、案内係、役所や火葬の手続き代行、心付けなど・・

しかしこの組み合わせが各業者によってバラつきがあるのです。

 

葬儀を依頼する前に合い見積もりを取るのであれば、必ず細かな内容まで記載された見積書をもらうようにしましょう。

葬儀社のプランやセット費用の注意点

  • 葬儀には葬儀そのものにかかる費用の他に、寺院関連費用・飲食接待費用などがあり、プランにどこまで含まれるのか把握しておくことが大事
  • 葬儀1回にかかる費用は約230万円ほどとされるが、地域や形式で大きく異なる
  • 見積比較サイトでは、何がプランやセットに含まれるか内容が違うので、値段だけ参考にしても意味がない
  • 基本的なプランやセットには、寺院費用や飲食接待費用が含まれていないことが多い
  • 葬儀費用そのものも内容や組み合わせが業者によって違うので、金額だけでなく内容もしっかり確認する

飲食接待費の注意点

葬儀に関する費用の注意点として飲食接待費があります。

 

通常、葬儀専門業者に葬儀費用の見積もりを依頼した場合、飲食接待費は含まれていません。同様に寺院関連費用も含まれていないものがほとんどです。

飲食接待費は参加人数で変わる

飲食接待費の注意点

まず第一に葬儀の際の飲食接待費は参加者の人数で大きく変わります

 

そのため最初から飲食接待費が含まれているはずがないのです。

 

さらに飲食接待費はどのような場所で、どのような季節に、どのような内容の接待を振舞うかで金額が大きく異なってきます

 

それを一律でまかなえるようなシステムを持っている葬儀専門業者はありません。

 

日本で行われている葬儀を単に総額のみで平均額を算出してみるとおおむね230万円から250万円程度となるとされています。

 

しかし地域別に見た場合、四国は約140万円でこれに対して東北地方では約270円、実に130万円もの開きがあるのです。

 

これは地域が同一であってもやはり差は生まれます。葬儀を通じて飲食接待費が最もかかるのは通夜振る舞いと精進落としの会食の時です。

見積もりを提出してもらうことも可能

飲食接待費の注意点

これらの場合対象となるのは喪主側(親族含む)、会葬者、僧侶、お手伝いなどとなります。

 

これらの総人数に一人分の単価をかけた費用が基本となります。

 

しかしこうした通夜振る舞いや精進落しでは、万が一会葬者の数が多すぎて失礼なことがあってはならないとつい大目にオーダーをしてしまいがちです。

 

そのため葬儀には何人の人が参加するのかをしっかりと把握しておくことがひじょうに重要になります。

 

こうした飲食接待を葬儀業者側がお膳立てしたり、あるいは葬儀社内にレストランなどの施設がある場合には、飲食接待費を含めた見積もりを提出させることも可能になります。

 

しかしここでも参加者数と料理のグレードなどにより大きく変動するということを知っていなければなりません。

 

なお稀に葬儀社が所有する施設などに料理や飲食物の持込を許されることがあります。このような場合にはうまくすると費用を低減することが可能になりますので事前に確認しておきましょう。

飲食接待費の注意点

  • どこでどのような内容で、どれくらいの人数かによって金額が全く異なるので、葬儀社のプランやセットには含まれない
  • 葬儀の飲食接待費の中で、通夜振る舞いや精進落としが最もお金がかかる
  • 足りないといけないので予め多めにオーダーする事が多いが、何人参加するかを始めに把握しておく
  • 葬儀社内でレストランが有れば、おおよその参加人数や料理のグレードを決めて、見積もりを出してもらう事は出来る
  • 葬儀社内の施設なら飲食物の持ち込みが可能な場合もあるので、上手く利用すると費用が抑えられる

葬儀社の選び方と注意点

葬儀の大きな注意点として、できる限り葬儀社は事前に選んでおくことが大事だということがあります。

葬儀の実績が多い業者か

葬儀社の選び方

事故などで突然の逝去であったならば仕方がありませんが、重篤な病気で余命いくばくもない旨が医師から告げられている場合や、ひじょうに高齢でちょっとした風邪などが原因でなくなる可能性がある場合などは事前に葬儀社を選ぶことが可能です。

 

しかし葬儀社との付き合いというものは長い人生の中でもそうそう何回もあるものではありません。

 

そこで葬儀社の選び方をふまえておくことが大切になります。

 

葬儀社を選ぶ際にはいくつかのポイントがありますが、まずは自分が考えている形式の葬儀の実績が多いかどうかは調べてみればすぐに分かりますのでぜひ事前に調査しておきましょう。

 

ここで言う葬儀の形式というのは社葬、一般葬、一日葬、直葬、家族葬、合同葬などといった分け方です。

 

何百人という参加者を想定している社葬や合同葬と、10人から20人程度の親族などで構成される家族葬や直葬などではおのずと進行のノウハウなどは大きく異なります

 

社葬を得意としている葬儀社が直葬などをほとんど手がけたことがないなどというのはよくあることです。

 

万が一このように選択を誤ってしまうと、スムーズな葬儀は執り行うことができなくなり、親族はもとより参加者、僧侶、また故人に対してひじょうに迷惑をかけることになってしまいます。

いくつかの葬儀社に相談することも大切

葬儀社の選び方

またインターネットのランキングなどで葬儀社を選ぶ場合も増えているようですが、衣類やコスメを購入するのと葬儀とはまったく異なります。

 

意味がないとまでは言いませんが、せいぜい葬儀に関する情報を集める程度にしておいた方がよいでしょう。

 

では何をもって葬儀社の正しい選び方とするかと言えば、まずは近在の葬儀社のいくつかに事前の相談をして見ましょう。

 

葬儀社の中にはこうした事前の相談を「ひやかし」と考えてろくすっぽまともな返事をしてくれないようなこともあります。

 

競合他社からが探りを入れていると考える葬儀社もあるようですが、いずれにしても電話1本で印象が悪くなるような業者は選択リストからはずしておいた方が無難です。

 

葬儀社を選択する際の選び方としては、事前の問い合わせにも親切に、スムーズに答えてくれること、対応や話し方が自然で親切であること、費用に関してひじょうに詳細な返事をもらえること、

 

さまざまな選択肢を提示してくれること、直葬などといった規模の小さな葬儀でも誠実に行ってくれそうなこと、葬儀を通じて単独の担当者が決まっていることなどがあります。

葬儀社の選び方の注意点

  • 葬儀社を選ぶ時は、自分が考えている葬儀のスタイルの実績が多いかを確認する
  • 業者により得意なスタイルや実績の多いスタイルが異なるので、違う形式を依頼すると式がスムーズにお越えない場合がある
  • 近くの葬儀社に事前に問い合わせてみると、ひやかしや競合他社の探りと考え対応が悪い場合があるので、そのような業者は避ける
  • 事前の問い合わせへの対応がスムーズで親切・費用についても細かく教えてくれる業者を選ぶようにする

寺院への費用の注意

葬儀の注意点として忘れてはいけないものに寺院関連にかかる費用があります。

戒名をつけてもらう費用が別に必要

寺院への費用の注意点

寺院関連費用も寺院や宗派などによってさまざまで、相場はあってないようなものです。

 

とはいえ財団法人日本消費者協会による「第8回葬儀についてのアンケート調査」では、仏式の場合通夜から初七日までの読経料として20万から25万円となっています。

 

また49日の法要の場合は別途5万から10万円程度が寺院に支払う費用となります。

 

寺院関連費用では読経とは別に戒名をつけてもらう費用が必要となります。戒名の場合も宗派や寺院の格式によって大きく費用が異なります。

 

戒名は法名(浄土真宗)や法号(日蓮宗)とも呼ばれています。

宗派によっては高額になることもある

寺院への費用の注意点

本来であれば信者が生きているうちに与えられるものですが、無宗教派が大多数を占める日本では、故人が亡くなって通夜が始まる前に付けてもらうというのが一般的になっています。

 

戒名の費用としては信士や信女の場合で5万から10万円程度となっていますが、これもまたあまりあてにはなりません。

 

戒名は宗派ごとに名称が区分され付けられます。

居士(こじ)・・・特に信心深かった男性
大姉・・・特に信心深かった女性
信士(しんじ)・・・出家せず仏道を修めた男性
信女(しんにょ)・・・出家せず仏道を修めた女性
童子・・・7歳から15歳の男子
童女・・・7歳から15歳の女子
孩女・・・就学前の女児
水子(すいじ)・・・死産や流産した胎児など

こうした読経を呼んでいただく費用と戒名を付けてもらう費用とを合算すると、宗派によってはそれだけで500万円もの高額な費用となることもあります

 

こうした寺院関連費用はお布施として喪主が直接僧侶に渡します。

寺院への費用の注意点

  • 宗派や寺院で費用は幅があるので、相場と言えるものは殆ど無いが、通夜から初七日までの読経量は20〜25万円が多い
  • 四十九日の費用は別途5〜10万円程がかかるのが一般的
  • 読経費用と別に戒名費用が必要で、名称は宗派によって金額が全く異なってくる

参列・弔問のマナー

葬儀の主催者側の注意点はたくさんありますが、逆に自分が参列者や弔問客である場合に気をつけるべきマナーにはどのようなことがあるのでしょうか。

喪服を着用し真珠以外は外す

参列・弔問のマナー

葬儀の参列者や弔問客として参加する際のマナーは、ある程度高齢の方であれば何度か経験があるので大まかな点はごぞんじのことと思います。

 

しかし若い方や冠婚葬祭にあまり積極的に参加されない方の場合には、最低限知っておくことで助かるマナーがあります。

 

訃報を受けた時、近親者や親族は真っ先に駆けつけるべきですが、この場合の服装は平服であっても構いません。また香典などもまだ渡す必要はありません。

 

このような時には故人を痛むことも大切ですが、何よりも残された配偶者や子供などのことを心配し、自分にできることがないかどうかを確認します。

 

故人との対面の際には遺体の枕元から少し下がり正座します。遺族の方によって白布がめくられたら膝をついたままつかの間お顔を確認し、合掌礼拝します。

一口でも口をつけるのがマナー

参列・弔問のマナー

また故人との対面は遺族からすすめられた際のみとし、無理に希望するのは失礼にあたります

 

その日は家族の迷惑にならないように長居せず早めに退出します。

 

通夜、告別式などの際には喪服を着用し、真珠を除くアクセサリー類はすべて外します

 

学生などの場合は制服でもかまいませんし、それもなければ黒い色の服であればかまいません。

 

参列者、弔問客として通夜、告別式に参加する際には受付で香典を渡し、記帳をします。遺族と対面した場合にはごく普通のお悔やみの言葉をかけます。

 

その際「死亡」、「存命中」、「生きている時」などの言葉は使うのを控え「ご逝去」、「お元気な時」、「ご生前」などに言い換えます。また香典の内袋には住所、氏名、金額をはっきりと明記しておきます。

 

通夜や告別式に参加する際には数珠を忘れずに持参しましょう。最近では100円ショップなどでも販売されています。これでも無いよりはましです。

 

通夜の後の通夜振る舞いは誘われた場合には必ず参加しましょう。また食べ物には一口でも口をつけるのがマナーです。

 

しかし酒をすすめられてくどくどしく話をしたり長居をするのはタブーです。

参列・弔問のマナーの注意点

  • 親類や近親者の訃報を受けたら、平服でもいいのですぐに駆け付け、遺族に協力できることが無いか確認する
  • 故人と対面する際は、枕元から少し下がり正座をし、白布がめくられたら膝をついたまま合掌する
  • 遺族から勧められた対面しても良いが、無理に希望するのは失礼に当たる
  • 通夜や告別式では喪服で、真珠以外のアクセサリーは全て外し、言葉遣いに気を付ける
  • 香典の内装には氏名や金額を明記、数珠も忘れずに持っていく
  • 精進振る舞いは誘われたら必ず参加し、一口でも口を付けるようにする

葬儀後の手続きや心得

通夜、告別式、火葬、精進落しと一気に主要な行事を終える現代の葬儀では、喪主をはじめとする家族や親族は短期間にひじょうに強いストレスにさらされます

 

特に長年連れ添った配偶者を亡くした場合、本当は葬儀などそっちのけで故人と少しでも長い時間寄り添いたいという思いに駆られることもあります。

葬儀後はお世話になった方への挨拶

葬儀後の手続きや心得

しかし初七日を過ぎるととりあえずは一段落することもでき、自分を客観的に見つめることもできるようになってきます。

 

とはいえ葬儀後にもまだ多くのしなければならないことが残されています。

 

葬儀後の手続きや心得としては、大きく3つに分けることができます。社会的なもの、宗教的なもの、法律的なものの3つです。

 

このうち社会的なものというのはお世話になった方々に対するお礼まわりや、会社など仕事場の整理、後片付けなどです。また給与計算などがなされることもあります。

 

宗教的なこととしては、まずお世話になったお寺に挨拶に訪れることです。お寺とは今後四十九日の法要の段取りなど、まだまだ相談することが残っています。

早めに財産内容を確認

葬儀後の手続きや心得

なるべく早めに伺って四十九日の日時や会場の手配、段取りなどを決めておくと、四十九日寸前になってバタバタとしないで済みます。

 

遺産分割など法律的な手続きは間違いがあってはなりません。早めに遺言書の有無を確認し、財産内容などを確認します。

 

特に故人が負債をもっていた場合などは直ちに手続きをしないと法定相続人として引き継がされることになることもあります。

 

財産の分割やさまざまなものの名義変更などはひじょうに多くのプロセスを必要とし、専門的な知識も求められます。このような場合には無理をせず司法書士や税理士などに相談するとよいでしょう。

その他手続きなどが必要となるもの

住民票、電気、ガス、水道、電話、借家、不動産、預金、株式、自動車、年金、健康保険、相続権、相続税、所得税、医療費還付、生命保険、労災保険、身分証明書、運転免許証、クレジットカードなど・・

葬儀後に必要な手続きのまとめ

  • 葬儀後に行うべき手続きには、社会的・宗教的・法律的な物と大きく3つに分けられる
  • 社会的な物は、お世話になった方へのお礼・職場の整理や後片付けなどが該当する
  • 宗教的な物として、お寺へのお礼並びに四十九日の打ち合わせがあり、早めに済ませておくと直前に慌てずに済む
  • 法律的な重要な手続きとして、遺産分割があり遺言書の有無な財産内容を花芽に確認する
  • 負債を持っていた場合も、早めに手続きをしないと法定相続人として引き継がれてしまう事がある
  • 財産分与や名義変更は専門知識が必要になるので、司法書士や税理士に相談する