宗教によって葬儀費用はどれ位違う?

仏式葬の費用とはどれ位なのでしょうか?

一般的な常識として、日本で主に執り行われている仏式葬にかかる費用は世界で最も高額だといわれます。それも断トツで、です。

仏式葬はおよそ200万〜300万円

仏式葬の費用

日本で行われている葬儀はひじょうに種類が豊富で、宗教的区別などを除けば基本的にどの葬儀でも選ぶことができます。

 

最も費用を安くあげたいのであれば直葬(火葬式)などで10万円ほどで葬儀を執り行うことも可能です。

 

しかし現時点ではやはり豪華な祭壇がしつらえられた一般葬などを選ぶ人が多く、ざっくりの費用として200から300万円程度はかかると考えなければなりません

 

仏式葬ではまずは逝去した故人を自宅や式場、病院の安置室などしかるべき場所に安置し、その後納棺となります。

寺院にかかる費用は少なくても20万〜30万円

仏式葬の費用

お通夜や告別式では非常に広い専門業者の会場や寺院などが利用され、祭壇は数知れないほどの花々で埋め尽くされます。

 

その後告別式でも多くの弔問客が訪れます。

 

仏式葬で最も重要なポイントは僧侶を招いての読経でしょう。また戒名をいただくことも必ず行われます。

 

こうした寺院関連にかかる費用は少ない場合でも20から30万円ほどもかかり、位の高い戒名をいただいたりより長い読経をお願いする際には、僧侶のグレードもアップしますからお布施の額もゼロが1つ増える金額になることも珍しくありません。

 

最近ではこうした高額な仏式葬ではなく、もっと内容を簡素化した家族葬、1日葬、直葬などがよく選ばれており毎年その割合は増える傾向にあります。

 

しかし仏式葬は完全に日本固有の洗練された文化であると見なすこともできます。古き良き伝統は守るべきという声が多いのもまた事実です。

仏式葬にかかる費用

  • 通夜や告別式場の使用料や祭壇・その周りの花々や寺院関連の費用を合わせると、一般葬では200〜300万円程かかる
  • 仏式葬では遺体を然るべき場所に安置した後に納棺し、通夜や告別式を行い、僧侶を招いて読経して貰ったり戒名を頂く
  • 寺院関連の費用は少なくとも20〜30万円ほどで、位の高い戒名や長い読経をお願いした場合は更に料金がかかる
  • 仏式葬の中でも、内容を簡略化した家族葬や1日葬・直葬も増えてきて、直葬の場合は10万円ほどで執り行う事も可能

 

神式葬の費用とはどれ位なのでしょうか?

神式では死を穢れと見なすため神社では葬儀をすることはありません。必ず自宅や斎場などの他の施設を利用します。

神式葬でも内容によっては費用がかかる

神式葬の費用

神式葬と仏式葬とで大きく異なる点は他にもあり、通夜祭(お通夜)の前に納棺の儀を行い、祭儀に入る前に必ず全員が手水の儀と呼ばれるお清めを行います。

 

また神道でも仏教の戒名にあたるものがあり、これを諡名(おくりな)や諡号(しごう)などと呼んでいます。

 

また神式葬は仏式葬に比べて安価で済むというイメージがありますが、これは実際には何とも言えません。

 

神式葬であっても豪華にしようと思えばいくらでもできます。

 

お布施に関しては若干神道の方が安めとなっているようですが、神葬祭と呼ばれる儀式の際には神社から斎主と祭官の2人が派遣されますので結局は同じ程度の費用になってしまいます。

仏式葬よりも神式葬の方が安く済む

神式葬の費用

しかし統計的に見れば仏式葬よりも神式葬の方が費用は安く済むことになるでしょう

 

神式葬に招かれた際にはまず香典を用意しなければなりませんが、この時蓮の柄がないものを選ばなければなりません。

 

忙しくて神式葬用のものが手に入らない場合には、当日の会場でも買い求めることができます。

 

また仏式では焼香を行うのに代わって、神式葬では玉串奉奠(たまぐしほうてん)と呼ばれる作法が行われます。

 

これは榊を斎主から賜る式ですが、斎主から受け取った後、右回り根元を祭壇に向け奉奠しなければなりません。

 

奉奠の後には2礼2拍手1礼をしますが、拍手とはいっても拍手のマネをするだけだと考えておきましょう。受け取った玉串は自宅へ持ち帰り自宅の神棚にまつります。

神式葬にかかる費用

  • 統計的に見ると仏式葬よりは安く済むが、神社は穢れを嫌うので自宅や斎場等で行われる
  • 仏教の戒名に当たる諡(おくりな)があり、儀式にも斎主と祭官の2名が派遣されるので、お布施の費用に大きな差はない

キリスト教式葬の費用とはどれ位なのでしょうか?

葬儀でも仏式葬に比べたらキリスト教式葬は費用が少なくて済むといわれます。

ボランティアが行う分だけ費用が安い

キリスト教式葬の費用

キリスト教でも火葬にまつわる費用や献金、また献金以外の飾り付けなどの実費は費用としてかかります。

 

しかしこれらの総額を見ても仏式葬と比べた場合には半額か3分の1程度の費用で済むことが多いようです。しかしこれには理由があります。

 

まずキリスト教式葬の場合に献金としておさめる費用は任意の金額となっていますし、式の一切を執り行うのはその教会の信者たちです。

 

つまり信者たちが手弁当でボランティアを行ってくれる分だけ費用が安くつくということになるのです。

キリスト教式葬の費用は70万円程度

キリスト教式葬の費用

そのため仏教徒が費用を安く済ますためにキリスト教式葬を行いたいと申し出てもほとんどの場合断られることでしょう。

 

また信者ではないためキリスト教の洗礼を受け、毎日曜日ごとにミサや礼拝などに通わなければなりません。

 

葬儀の費用は安くついても、こうしたことを考えると結局は同じような金額になることでしょう。

 

キリスト教式葬で費用の対象となるのは飲食などの費用、教会への献金、牧師やオルガン奏者へのお礼、式場使用料、墓地や埋葬などにかかる費用などとなります。

 

こうしたキリスト教式葬にかかる費用としてある葬儀専門の業者のデータがありますが、葬儀1件あたりの費用はおおむね70万円程度となっています。

 

またキリスト教式葬では仏式葬で執り行われるような百ヶ日や一周忌、三回忌などのような行事がありませんので、その点でもキリスト教式葬は安くつくといえます。

キリスト教式葬にかかる費用

  • 火葬や埋葬・献金以外の飾りつけなどの費用がかかるが、仏式葬や神式葬より安い傾向にある
  • 献金は任意の費用で執り行うのは信者の人たちによるボランティアなので、仏式葬の3分の1程度の金額で済む
  • 葬儀専門業者のデータでは、1件辺り約70万円程とされている
  • 実費でかかるのは飲食代・教会への献金・神父様やオルガン奏者へのお礼・会場使用料・墓地や埋葬日など
  • 費用を抑えるためだけにキリスト教式で行いたいと希望しても、基本的に断られる
  • キリスト教式を行うためには、ミサに通ったり洗礼を受けて信者にならなくてはいけない

 

無宗教葬・自由葬の費用とはどれ位なのでしょうか?

ここ数年で無宗教葬や自由葬と呼ばれる葬儀の需要が高まっています。日本は先進国の中でも際立って宗教色の薄い国です。日本に住んでいる人にとっては当たり前のことでしょうが、無宗教であるということは世界的に見ればひじょうに特殊なイメージを持たれがちです。

無宗教葬はリーズナブルな価格

無宗教葬・自由葬の費用

こうしたことから結婚式では華やかなウェディングドレスを着用するキリスト教式、亡くなった時には僧侶を招いて読経をしてもらい、お布施をする仏教式というように、言ってみれば「節操がない」国民性になってしまったのです。

 

しかし結婚式はよいのですが、葬式の際に信者でもないのに高額のお布施をし、これも大変高価な祭壇を設けなければならないというのはおかしいと考える人が増え始めてきたのです。

 

とは言っても故人を火葬し、埋葬することは省くことはできませんから専門の業者などに頼ることになります。

無宗教葬や自由葬は相場がない

無宗教葬・自由葬の費用

葬儀専門の業者ではこうした無宗教の人たちを対象としたリーズナブルな価格設定の葬儀を揃えています

 

家族葬や1日葬などはこうした無宗教葬としては簡単にアレンジができるので最も需要が高くなっています。

 

葬儀専門の業者が自由葬と呼ぶ形式もやはり無宗教葬の1つとしてセッティングされているものが多いようです。

 

こうした自由葬では音楽葬やビデオ上映によるお別れ会、食事を中心とした葬儀、民謡や踊りなどを取り入れた葬儀などもあります。

 

このように無宗教葬や自由葬ではこれと決まったものがないため相場というものは存在しません。実際の葬儀内容に関しては喪主が専門の葬儀業者のスタッフなどと相談しながら決めていくことになります。

無宗教式葬・自由葬にかかる費用

  • 無宗教葬や自由葬は、特定の宗教の信者でないのに、お布施などを払う事に疑問を抱く人が多くなり、近年増えてきたスタイル
  • 葬儀業者がそうした人たちを対象とした、比較的安い価格の葬儀プランを用意している事が多い
  • 家族葬や1日葬は自由葬に含まれ、無宗教葬の1つとして用意されている
  • 自由葬では音楽や映像・食事会などを取り入れた物もあり、どう行うかで値段は異なるので一般的な相場は無い